Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シナリオ「黒い雨の中で」公開

謝辞

 この度、自作いたしましたシナリオの公開に踏み切れたのはアドバイスをくれた方々、また当シナリオ卓にご参加いただいたプレイヤーの皆様方のおかげでございます。感謝申し上げます。
 初回プレイ時より、訂正・加筆を行っておりますので、少々の差異は目を瞑って戴ければ幸いです。

追記
 私KPの元、このシナリオをプレイしたい、という方がおられましたら当記事は読まずにブラウザバックすることを推奨します。ネタバレ?どんとこいって方はどうぞ。

概要

今回更新では「クトゥルフ神話TRPG」における自作シナリオを公開します。

今までのような遊戯王等カードゲームの話は入っておりません。あしからず。


注意事項
※当シナリオは自作ですが、SCP Foundationに関連する内容が少量含まれております。
※改変等自由です。ご自由にプレイしてやってください。
※再配布をする場合、個人的範囲でなら連絡は不要です。
※プレイする場合、事後報告でも何でもいいので[twitter]@KMPkarakuri までご一報いただけるととてもとてもテンションが上がります。

シナリオ

1.はじめに

 プレイ想定時間は5時間程度です。実卓プレイ時は茶番等々積めるだけ詰め込んで前後半に分けて8時間(前半:4時間、後半:4時間)ほどでした。真面目にやれば5時間程度かと。


 舞台設定は現代日本で、探索者は黒い雨の中、一人の少女をカギに奔走することとなります。

 職業に縛りはありませんが、運転技能を持つ人がいれば物語の進行がスムーズです。

 シナリオには4人の重要人物が登場します。

 「日生創組」のボスである北沢健伍、街中のアミューズメント施設から逃げてきたという六道翔子、途中から協力してくれる大学の教授、纏神示、魔術協会なる組織出身の勾近士郎です。

 難易度は中程度です。とはいえ、途中でキャラロストというのはほとんどの場合でないかと考えています。最後にどうなるかの保証はいたしかねますが…


2.NPC'sデータ

・六道翔子♀/(ショゴス・ロード)14歳
メインヒロイン(人間とは言っていない)ですのでなんとなくビジュアル描きました。
見ての通りの基本ステですが、左が本編中、右側がシナリオ終了後の運用可能ステータスになります。技能はとくに所持しておりません。戦闘はかばってもらうことを前提としておりますが、技能生やしてもらっても構いません。
002.jpg001.jpg 
・他の三人については技能使用を想定していませんので、運転技能が60%ある以外、特に決めておりません。教授は目星が高かったりすると面白いかもしれません。


と、なんだか長くなりそうなのでシナリオ本編は次回更新で…
スポンサーサイト

まひろ、トップが強いといわれる

※この記事はカードゲームの初心者プレイヤーに向けた内容です。ご理解の上、一読いただければ幸いです。



手札がない、このトップにすべてがかかっている…

「ドローッ!」

ぃよっしゃ引いたぁ!

なんて、カードゲームではよくあることだと思う。そして例にもれず僕もそうしてきた。
そして勝ってきた。
そんな僕を見て周りのみんなは

「お前トップ強すぎ」

こういうのである。

確かに自分でも少しばかりは運が良いのかもと思わなくもない。しかしそれはあくまで期待値を少し上回る程度で、結局数をこなせば収束していくことだろう。

じゃあなぜ、そんなことを言われるのか。



カードゲームなどがよく言われるのは運4割、実力6割(諸説あり)が良い比率だと聞く。


じゃあ運の方でしょ、と


間違いではありません、ただし、運というものは「人事を尽くして天命を待つ」物にしか期待してはなりません。

トップワンチャンを作るのもプレイングの一つというわけですね。


トップで引かなければならないカードがある場合、それを引く確率は


引きたいカード

------------------

デッキの残り枚数


で求まります。

これを考えれば


・不要なカードを墓地などに送り、デッキを圧縮する

・引きたいカードそのものの枚数を温存しておく

・いっぱい引く


などが挙げられます。

でもこれだけじゃありません。


・トップでダメならそれを引くためのドロソでもいい

・そもそも構築の段階でワンチャンを作れるカードを多くする


なんかでもいいと言えるわけです。


あれ?なんか思ったより運ゲーでもないぞ?って思ってきませんか?


思ってくれ。そして伝われ。




確率を高めた結果、引けるかどうかは己次第ですが…




物を投げないで


結局、運は必要です。

しかし、人事を尽くさずにトップでワンチャンめくれず(又はめくられて)「運がない(運が強すぎ)」は認められません。それはただのプレミなのです。




ここから先は少し話が変わります。

トップの確率ではありませんが、重要です。


運は「ゲームを構成する運」とも言い換えられます。

そしてそれは

・内向的要素

・外交的要素

に分けられることでしょう。


内向的要素とはゲームシステムに、プレーヤーが運によっておこる事象に介入できる要素があることを言います。

麻雀で言えば、配牌やツモによる不利は安牌や捨て牌の選択によりある程度抗うことができる。

要はプレーヤーに運への選択と対処法があることです。


外因的要素とは、ゲームシステム以外、特にプレーヤー自身によるものを言います。

①言動による揺さ振り、ハッタリ

②相手プレーヤーや道具の観察

③統計

などが挙げられます。

じゃんけんを例に考えてみましょう。単純なじゃんけんであれば、運が勝敗を左右します。しかし、じゃんけんの前に「自分はグーを出す」と一言言うだけで相手に思考させることが出来ます。ここに読み合いが発生し、単純な運ゲーではなくなります。


また、友人や家族など何度もじゃんけんをしたことがある相手に対し「この人は大体最初にグーを出す」と思ったことはありませんか?統計や経験で、単純なじゃんけんの勝率を上げることが出来ます。

また、観察力を養うことで運に介入する力を持つことが出来ます。「嘘をつくとき髪を触る」「勝負カードを出すとき前のめりになる」「弱いカードを右に置く癖がある」こういった相手プレーヤーの特徴に気づくことが出来れば、あなたは運ではなく自信を持ってゲームの選択を出来るようになるでしょう。また、プレーヤーだけでなく、道具の観察も必要です。カードの配置や細かいキズなどを覚えておけば、相手よりも優位に立ち回れるかもしれません。



書くのが疲れたのでここらで締めとさせていただきます。

まぁさんざんドヤりましたし十分ですかね




以上に示した方法は欠点もありますが、マンツーマンではかなり役立ちます。ぜひ実践してみてください。もれなく僕が死にますので。

高槻cs レポート

お久しぶりです。
2015/6/27日(土)開催の高槻csに行ってきました

当日、夜中の一時ごろに寝落ちしてしまい、アラームもセットしていなかったため朝起きたとき「あ、死んだわ」って思ったんですが
なんかよく時計見たら朝の5時なんですよね。緊張と楽しみで心臓がバクバクで…意図せず起きれたのはよかったんですが

小学生かよ

なんて自分で突っ込みを入れながら会場に向かったわけです

ここで一緒に会場へ向かってたあっきーが一言



おーつかと連絡がつかねえ」



ワイ「マ?」


結局、遅刻になるそうで二回戦から参戦になるとか

ダウンロード

ここらであっきーにレシピを見せていたのですが

あっきー「(恐牙狼)ダイヤ(ウルフ)やめてショックルーラー入れたほうがいいかもね」

まひろ「マジ?(セイクリッド)ダイヤ要らないのか」

outセイクリッドダイヤ
in ショックルーラー

最早アンジャッシュ並みのすれ違いで大会がスタート


使用【テラナイト】


一回戦 【インフェルノイド】◯×◯

正念場の一戦、正直ここまで集中した初戦は初めてだった

相手先行、名推理。

終わったかな…と思いつつテラナイトなのでエクストリオはともかくデカトロンで妙な肥しを防ごうと1宣言
ノイド下級一枚落ちて直後に混沌の黒魔術師登場

戸惑いながらも盤面返して終わり。
罠引けてて助かった。
ここの三戦目、先攻ウヌク3伏せにヴォルカニッククイーンを投げつける相手
羽根飛ばす気かと思ったら飛んでこなかったし逆に強い2500モンスターくれたしでよくわかんないけど勝った


二回戦 【クリフォート】×◯×

始め、デッキ枚数が42らしいのでメタ系ではないよねと思い後攻選択
そして飛んでくるクリフォート・ツール

ゲノムサクリ二伏せに屈するまひろ。負け

二戦目は後攻選択、初手が「ゆきうさぎ、サイク、妖精の風、デネブ、因子」
勝ちを確信、そのまま相手サレンダー

三戦目、10も魔法罠破壊系があるので流石に初手には来るだろうと思ったらまさかの無し
とはいえウヌク激流ミラフォアルタイル因子。
戦えるかと思いきややはりゲノムスキドレ

前開けて殴るかと思い伏せた瞬間返しで殴りからのトップ羽根箒

無惨に敗北

三回戦【霊獣】◯◯

後攻選択、余裕をもって構えると相手がカンナ緊テレ。ヤバい。
心の中では滝汗のなか見守る。融合ペトル、使い、霊獣、2伏せ

ウヌクから激流リビデ因子セットで待ち。

相手の分解サーチの連続の後
相手の最後の召喚成功時リビデチェーン激流葬
捲った。


四回戦【シャドール】◯◯

デッキ枚数43枚。
心の中で(43枚の列車ドールを知ってるぞ…)と身構える。正直セイクリッドダイヤなんで抜いてんと自分にキレる

相手先行モンスセット終わり。後攻でウヌクでデネブ落として殴る。

ドラゴンリバース。ウヌクが返ってくる。要らない。

警告激流セット終わり
返しで影融合、リザードとハウンド(!?)

正直警告すればよかったのに、「シェキナーガなら流せばいいや」と思ってたところに飛んでくるミドラ―シュ

ワイ「やっちまった…」

一縷の望みを込めて引いたトップが念願のデモンズチェーン。トライヴェールパワーで決まり手

セイクリッドダイヤはなかったけど、伏せが因子激流警告デモチェだったしまあちょうどよかった。

二戦目、こちら何やかんやでデネブ+伏せ3枚と手札にウヌクの状況
デネブで殴ると

_人人 人人 人人 人人_
> 突然のメタモルポット <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄


伏せに因子があったのでしばらく悩んだものの、こちらの手札は公開情報のウヌク一枚、相手は手札4枚
通すことに

相手はシャドール3種類4枚落とし、お互い5ドロー

こっちは
アルタイルソウルチャージ罠罠羽根帚

4アドありがとうございました。

流石に勝ち。

早く終わったので談笑しながらB卓見てたけど、ET入って相手0ターン目でトップ七皇の剣

そして出てくるダークナイト。   絶   望



B卓負けでチームドロップ。実はこの時A卓でプレミしてマッチ落としたらしい。悲しみ

以上個人3-1、チーム2-2で高槻終わりでした






ではまた

ついにベスト8まで…

お久しぶりです。
いい加減更新とかしなさ過ぎてどうなんだって気もしますが
そこんところは寛容にオナシャス!センセンシャル!

今回、ブログ更新のきっかけというのが

滋賀チャレンジcs(個人戦)
5-2でベスト8になれました!!

ついにcs入賞ですよ

まあこのブログでは入賞までの軌跡とかそんなこと書いてますが
やっぱりやめるわけではないのでなんだかんだ引き続き応援お願いします

さて、とりあえずcsレポートから


3/29滋賀チャレ参加(61人64人スイスドローダブルエリミネーション方式)
※ライフ計算メモを参照していますので、若干のミスがあるかもしれません

一戦目 炎星○○
我らが(?)炎星、ヒマワリさんです

手札とトップ羽根帚に恵まれました。ゴメンナサイ


二戦目 ネクロス○×ET○

一戦目 先とれたのと、相手のプレミ拾ったのデカかったです。
お互い考えてたので時間かかるなと時計見てたらちょうど相手から0123

相手のマンジュ効果に因子当てて投了
実はここでダストの投入忘れがあり、ほんとに危なかった。勝てたの奇跡


三戦目 インフェルノイド○○

こちら先行、相手の名推理などの初動がなく手札2枚除外からのスタートで、出てきた奴(ノイドよくわからないorz)の後ろ破壊効果にブレイクスルー+リビデ蘇生でケア
次ターンの名推理に3宣言で名推理名推理うさぎでぽとっと落ちて終了
二戦目 はプトレノヴァサイエンで相手のリソースを少し奪いながらベガ絡めて勝ち

相手の事故に助けられた気もします


四戦目 メタビート○××

見事なまでのテラナイト殺すマンでした
とにかく強かった
一本目 はライオウ手違いを見たのでリゲルが重要と判断し、結果上手くいって取れました

二本目 以降非常につらかったです。サイドからのオネストも引けなかったので厳しめでした
三本目 は相手にスタダがいるのにこっちのトライヴェールの効果に相手がデモチェ、こっちがサイクをデモチェに使いスタダ効果って言われて「あっ…」ってなったところです。
伏せてあったんだからドヤ顔超融合すればよかったんだよなぁ

五戦目 霊獣×○○

いちごっこさんです。
いつか霊獣引くだろうなと思ってましたがここで来ました

一本目 は長老ペンタオラァに屈して負け
二本目 以降は相手の若干の事故とサイドの鉄壁が大分強くて勝ちです

六戦目 海皇○○
さいたマン
い  つ  も  の
お互い言ってたけどいつものフリーだよ

一本目 二枚捨てメガロに因子売ったら相手が死去した。噛み合い
二本目 ドヤ顔水神の護符からスタートされるも神警ブン投げ、守り札もプトレプレアで除去して死去
五分で終わった(フリー並の感想)


決勝トーナメント

七戦目 HERO××
ぬえもん

めう~~~って言いながらクソみたいなプレミ連発してた気がする
なんか惜しいことした気がするからまたいつかリベンジしたい








ということで5-2(予選5-1)
でベスト8です

ベスト8とかいいながら決勝トナメ上がっただけとか
ちょとsYレならんしょこれは・・・?

テラナイトの理論と構築については次の記事で
Twitterにて質問等を募集してそれ参考に記事書きます

ヴェルズの戦法

さて、ブログの再起宣言もしたところで早速ヴェルズの闘い方をほそぼそと書いて行こうかと思います。
とはいえここで書くのはほとんど自分で考えたものなので「これ変じゃね?」みたいなものがあればTwitterでリプライでも飛ばしていただければと思います。

今期の仮想敵

1【ネクロス】
一番厄介、というか事故らないし使う人も多いし相性も悪い相手。今回の記事で掲載

2【クリフォート】
ネクロスと同じぐらい厄介。次の記事で掲載。

3【HERO】
比較的楽だが気を抜けない相手。



ヴェルズ使用時の対ネクロス戦

構築の面での勝ち筋
重要なのが
手違い虚無を3積み

これしないとまずネクロスに勝つのは困難だと思われます。
次に他の4エクシーズが連打できるデッキとの差別化として、マスターキービートルが挙げられます。
マスキでこれらを守ることによりハンドでの解決、サイクツイスターでの解決を防ぐことが出来、非常に有効な手です。
以前は強制脱出装置が非常に強く、どのデッキでも3採用当たり前と言っても過言では無いようなカードでしたが、現在はクリフォートやネクロスの台頭により構築より消えているのが現状なので、マスキ+⚪︎⚪︎といった布陣にはある程度の信頼を寄せて良いものと考えられます

ネクロスに対し有効なカードは他で言えば
・クレイジーボックス
ユニコールが存在する場合3000打点で殴り込みに行けます。
・禁じられた聖槍
ユニコールにオピオンで殴った時、ダメステのディサイシブにチェーンすることで50差で戦闘に勝つことが出来ます。
・エクシーズリボーン
一度死んだオピオンをこれで復活させることによりユニコールやクラウソでの無効を防げ、儀式を妨げることができます。
また、先行で動く場合、ユニコールと相打ち、かつ1アド、さらに相打ちの場合墓地闇3というキングレムリンという奴がいるのでこいつを使うのもオススメです。

広く使われるサイドカードについてはこのブログでは割愛させていただきます。


如何でしたでしょうか。こうして書いている筆者にしても環境初期ではネクロスに勝てない、などと言っておりましたし、一概には言えないですが、きちんと考えればこのぐらいの回答は出てきたのでおそらく、ヴェルズはまだいけるんじゃないだろうかと思えます。



それでは次の記事で ノ

Appendix

プロフィール

まひろ 

Author:まひろ 
京都に住んでます。
最近はずっとWIXOSSとシャドバばっかり遊んでます。

FC2カウンター

地震速報比那名居天子ちゃん

最近地震多いよね

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。